一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.01.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

秋の夜長・・・というには、すっかり師走ですが。
最近、洋書に心躍らせています。

旦那さんがカナダ人の友人宅にお邪魔したら、素敵な洋書だらけの書斎があり、うっとり・・・。
インテリア系の仕事をしている二人なので、セレクションが素晴らしくって、うっとり・・・。
おいしいケーキとコーヒーをいただきながら、書斎でじっくり洋書をながめさせてもらい、うっとり・・・。

そんなわけで、洋書にうっとりしている今日この頃です。

最近、近所に新しい本屋ができました。
今までは、断然「図書館派」でしたが、その新しい本屋は「洋書セクション」が充実していて、ここ最近、「書籍所有欲」が高まっています。近所の図書館には洋書がほとんどないので・・・という言い訳をしつつ、ずっしりと重い洋書を抱えて家に帰る夢を見ます。
洋書なら、その辺に転がしておいても、なんだか「インテリア目的で置いてます」という感じですしね。


書籍所有欲を最初に刺激したのがこちら。
重いのに購入した一冊。
続きを読む >>

親しい友人の誕生日に、こんな本をおまけで送ってみました。
そしたら、メインのプレゼントよりも、こちらの方を喜んでいた様子。




本屋さんに山積みにされていました。
なにしろ、装丁がかわいらしいので、プレゼントにもってこいです。
お値段も1000円ぽっきりだし。
もともと占い好きの友人なのですが、彼女の話では、「いろんな占いの本を読んだが、かなり良い。誕生日に、多くを考えさせられた」とのこと。
さらには、「パートナーの星座を既に購入した。さらに勉強になった」とか。
そこまでいわれるとね・・・私だって自分用に買ってみれば良かったかなーと思い始めました。

装丁としては、射手座、蟹座が素敵でした。






天秤座、山羊座は可愛らしい感じ。

いろんな出版社がありますが、なんとなく「筑摩書房」が好きです。
毎年、手帳選びの際には、「文庫手帳」が候補にあがります。



最近使っている「能率手帳」よりも、少し大きさと厚みがあることが気になって、まだ購入には踏み切っていませんが、とても惹かれます。なにしろ、レタリングがいいですね。
文庫サイズなので、カバーも豊富だし...

そんなわけで、なんとなく贔屓してしまいがちな筑摩書房から、またまた素敵な本が!



ムーミン・コミックス 全14巻セットですって!
小説の静けさをそのまま感じられるコミッック版。手元に置きたくなる装丁です。
独特の世界観と、それぞれのキャラクターが抱える切なさや悲しみ。
「子供にわかるのかしら」なんて意見もありますが、周りを見ていると、むしろ子供の方がスンナリとそれらを受け入れているみたいです。大人みたいに、言葉にして理解したり、「深いなー」なんていって評価せず、そのまままっすぐ向き合っている様子。

表紙がまたかわいい!

ムーミン谷のクリスマス (ムーミン・コミックス)

恋するムーミン (ムーミン・コミックス)

ムーミンパパとひみつ団 (ムーミン・コミックス)

魔法のカエルとおとぎの国 (ムーミン・コミックス)


全巻セット・・・クリスマスプレゼントにもらったら嬉しいな。
「大人が喜ぶ漫画」の代表格のムーミンですが、漫画好きのお子さんにも、ひと味違ったコミック全集を送るのも良いかもしれません。漫画だったら読むよね。

その流れで流れてゆきましょう・・・

朝起きるのがつらいですね。
早寝早起きを誓ってから、既に11ヶ月が過ぎました。
ベットが、布団が、気持ちよすぎるのでしょう。
奮発して良いベットを購入した事が、こんな形で裏目に出るとは・・・
ベッドのばか!ばかちん!
と、責めたいところですが。

いいえ。わるいのは、わたくし。


さ!
そんな季節がやってきた今、どうですか?
ファッション熱は盛り上がっていますか?
家で過ごす時間が増えるからか、インテリアや生活用品にばかり欲求が向かう最近。
いまいち、ショッピングから遠ざかっていたのですが・・・

この本!


  • 発売日 : 2010/10/15
  • 出版社/メーカー : 主婦と生活社
  • おすすめ度 : (1 review)
    5素敵なスナップがいっぱいです。


ねこ いると いいなあ

ちょっと控えめな、独り言のような、祈るような、このつぶやき。
何度口にしたでしょうか。何度、耳にしたでしょうか。
子供の頃から、猫と暮らしたくてたまりませんでした。

このつぶやき、コチラの本からです。



小学生の頃の妹が、この本で「読書感想文」を書いていました。
一時期、「ねこ いると いいな、 ねこ いると いいな・・・」と、まるで呪文のように唱え続けていたものです。


アレルギーだとか、賃貸だとか、共働きだとか。
いろいろな事情があって、猫が飼えないお家もあるでしょう。
私の家もそんな事情を抱えていて、猫との暮らしに憧れを募らせる、悶々とした日々を過ごしました。
そんな中、熱狂的に支持していたのがコチラの本。



猫との暮らしが軽妙なタッチのイラストで事細かに描かれています。
それこそ、何時間でも飽きる事なく眺めた子供時代!
今思えば、あれは想像を超えて、妄想の領域へ入っていたような気もするほどです。


ちなみに、最近の私の、猫熱を盛り上げてくれるのは、こちらの番組。

汗が首筋をつたいます。
そもそも汗っかきな私には、過ごしにくい季節です。
残暑にまみれて、アイスモナカばかり食べています。食べやすいからね。

そんな夏。
僕の夏休みバリに田舎へ帰り、日がな一日ゴロゴロしたり、海へいったり、かき氷食べたり、虫にぞっとしたり、昼寝して、頬に畳のあとをつけたりしてきました。
思い出しました。子供の頃、おばあちゃんの家にきて、楽しいんだけど、なんだか暇な感じ。
ファミコンもないし、友達もいないし、大人はみんな忙しそうだし。
大人になった今は、のんびり過ごす事の素晴らしさを覚えた訳ですが。

それでも。


暇。



ということで、漫画を読みあさりました。
ベットの下から引っ張りだしてきたのが、これ。




春の到来が早い。
早すぎて恐ろしくなります。

現実逃避の意味も込めて、久しぶりに読書に没頭している最近。
とっても便利なサイトを見つけました。

カーリル

借りたい本のリストを作ることができて、さらに、登録しある図書館に蔵書があるか、貸し出し可能かどうかが一目で分かります。今日は朝からリスト登録作業に没頭してしまいました。
メモ魔、リスト魔のみなさんにとっては、アドレナリンが放出されるサイトです。
なぜ、どうして、こんなにリスト作りって楽しいのでしょうか。
それは。
リスト化することで得られる達成感が、リストに書いたことを既にやり終えたような勘違いを生むからかもしれません。リストにした時点で安心&満足して、そのリストは放置...そんなこと、ありませんか。おそろしや!現代の病!

ところで、ブグログの「これから読みたい本」というタグの利用法がいまいちわからずにいました。
でも、かわいいブログパーツも増えてますね。




今日の私は、カーリルで統一してすっきり。
そして満足...


素晴らしい日曜のサザエさんを!




JUGEMテーマ:読書


土曜日ですね。
窓の外から、祭りのお囃子を練習する子ども達の声が聞こえます。
ツクツクボーシが、げーげー鳴いてます。
土曜日ですものね。

最近、雑誌を買うことなんて減っていたのです。
買うとしても、ブックオフで...
ところが、ふと気づくとこの雑誌が本棚に増えていました。

FRaU

毎月買おうと思う訳ではないけれど、なんとなく雑誌が買いたい時に選んでしまう。
新幹線に乗る時、飛行機に乗る時、一人のんびり実家に帰る時など。
なんだか、つい、買ってしまう。
ELLE や VOGUE やSPUR や GINZAともちょっと違う。
そんなイメージです。

コピーのキャッチーさでは、あのとき感じたananと似てますね。

あ、そういえば!
読書の秋ですよ、ね!
そうだそうだ、そうだった。

コーヒーと ウェブマガジンと 上司の背中
             オフィスレディーの 止まった指先

そんなわけで、楽しみにしているウェブマガジンを新たにご紹介・・・
ウェブマガジンて無料ですし、言ってみれば利益はでないであろう部門ですし。企業イメージアップのためだろうか?と思っていましたが、それだけではないですよね。だって、未来の購買意欲につながるもの!
私は、胸を張って言いたい!
ウェブマガジンで面白いと思った作家の本は・・・図書館で借りています!!
それか、ブックオフ!
・・・出版社の人々に申し訳ないですが、今の私には新品の本をザクザク購入するだけの器がございません。がしかし!私が大成した暁には、子供に「おもちゃはだめだけど、本は好きなだけお買いなさい」と言える母親になります。お約束します・・・


きらら
WEBきらら

こちらは、小学館新文芸誌「きらら」のウェブサイト。
定期購読(一年間2000円)版では、吉田篤弘さんの「圏外へ」も連載中ということで大変気になりますが、ネットサーファーの私がありがたくも無料で読ませていただいているのが、WEB連載部門。
数は少ないけれど、読み応えのある連載です。
少し前に連載されていた、「うちへかえろう(小川内初枝)」が素晴らしく、素晴らしく良かった!書籍化されるのが楽しみです。そして、そのほかの小川内初枝さん著書も読んでみたいと思いました。
そういう効果があるのですね、ウェブマガジン。


そしてもう一つ。
こちらはかなりの数の連載を抱えています・・・

web ちくま

サイトデザインも素敵です。
あ、トップページのイラストは、北村人さん。シンプルでとても好き。こちらも更新が楽しみです。(北村さんのサイトもお薦め)
ゾクゾクと新連載が始まる中、一番楽しみなのが、西加奈子さんの「ミッキーかしまし」。西さんの著書はほとんど読みましたが、「きいろいゾウ」が、好きです。


もう一つ。
こちらはウェブマガジンではありませんが、読みつづけたら、秋はおろか、冬もいってしまいそうな勢いで読んでいます。

初恋 〜アフリカ・中東・アジア・中国旅行記〜

さくら剛さんのバックパック日記第二段です。中国に行くために、なぜかアフリカを出発点に定めた彼の旅行記・・・いやー面白い!読んでいると、自分がオフィスにいるのを忘れてしまいます。良くないですね。ふと我に返ってあたりをキョロキョロしたりします。ダメですねーでも、面白いんだもの。
ようやく赤道を越えたあたりまで読み進めました!
何も知らずにコチラから読み始めてしまいましたが、インド篇を読んでからの方が良かったのかも?


インド旅行記 対インド人戦闘日記「ふりむけばインディアン」


書籍化されているそうなので、背後からパソコン画面を覗き込む上司の目におびえるアタナは本をお薦めいたしますよ。


このところ、読む本は当たりが多い!
嬉しいことです。
先ほど読み終えた本も、最高に面白かった。
思わず、ベぼや橋・・・べぼや橋・・・、と検索してしまいました。
何の本でしょうか!
面白いので秘密です!

べぼや橋・・・べぼや橋・・・



○関連サイト○
上記!





台風一過。この蒸し暑さがたまりませんね。
家族で暮らしていた頃は、台風にワクワクしていたけれど、一人で暮らしているとそうも言っていられません。

子供の頃台風が来ると、ベッドにお気に入りのぬいぐるみたちを非難させ、自分が船長となり、「大丈夫、大丈夫よ・・・」と皆の気を静めて過ごしていたのを思い出しました。
ノアの箱舟、とでも申しましょうか。
小さな船に大切な物を載せて、ゆらゆらと海を行くことを思ったものです・・・

そんなわけで先日、こちらの本を読んでカヤックに行ってきました。


水辺にて―on the water/off the water 梨木香歩 (著)

ちょうどこんな風に曇った空で、風のない湖でポカーンと上を見上げていると、なんだか「これから生まれる・・・」という気分になりました。
プカっと人魚が頭を出しても、そういうこともあるかもね、と思えるような。
そんな感じに頭が緩んだのは久しぶりのことで夢心地。とはいえ、初心者の私がそんな風に余裕を感じられるのは、動いていない時だけなのですが。
とてもお薦めです。



物語の栞の物語

そして人魚の栞を見つけました。
ブックマークということですが、画像のように机の上に積み重ねている資料や雑誌の間に挟んでおくのも便利そうです。「がちょう」「人魚」「はしご」の三種類。

人魚の物語で、最近心に残っているのが川上弘美さんの短編。


神様 川上弘美 (著)

くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである―四季おりおりに現れる、不思議な“生き物”たちとのふれあいと別れ。心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる、うららでせつない九つの物語。デビュー作「神様」収録。ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞受賞。

今まで呼んだ川上さんの本の中で、これが一番好きです。
くまが出てくるお話があるのですが、その熊が!かたいゴワゴワした毛の感じが!
好きです。

そして、今日はもう本のカテゴリーにします。
梨木さんが書評を書いてらしたこちら。


頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ (著),

こちらの熊も良い感じです。あっという間にサクっと読めます。
私にとって、くまと言えば「くまの園長せんせい」なのですが・・・子供の頃に読んだ絵本にでてきた、「えんちょうせんせい」なのですが・・・検索してもさっぱり出てきません。
「くまのえんちょうせんせい」は、頭にナイトキャップのようなものをかぶり、小さなメガネを鼻にひっかけたおばちゃん先生で、紅茶には一匙のジャムを入れるのです。
・・・一体全体なんというタイトルだったのか?
ちなみに「くまのこうちょうせんせい」ではありません。

そんなわけで、最近、紅茶をお土産やらプレゼントやらでいただくことが多く、待ちわびていたこちらが再入荷されていて喜んでいます。


すくって&淹れて Teascoop Infuser(ティースクープインフューザー)

本当は大きなポットにたっぷりと淹れて、家族でビスケットでも齧りたいところですが・・・涙。一人暮らしだと、これが大変便利。
紅茶の葉っぱがちゃんとジャンピングするかどうかが悩ましいところですが、試してみようと思います。


食器棚はないのに、食器をせっせと探してしまいます。


モロッコミントティ ホハルグラス


フェズブルーミックス カップ&ソーサーM

今週末はどんな楽しいことが待っているでしょうか。
素敵な週末をお過ごしください。





○関連サイト○
analo(あなろ)@楽天市場
(ダイモ、やりだすととまりませんね)
KIRIE@楽天市場
このシューズがきになる!どうしよう!)
モロッコスタイル@楽天市場
(おもいがけず、インテリア雑貨がお安く手に入ったりしますよ)





Selected Entry

ワンクリック プリーズ

ワタシ用

・・・過去のワタシ用へJUMP・・・
















ベルメゾンネット
ブックオフオンライン

クラウンジュエル×ZOZOTOWN買取バナー ブランド品の販売&買取「JUMBLE STORE (ジャンブルストア)」

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM